【ラッピング無料】 SPIRALGIRL/レザーライクオーバーシャツジャケット

【ラッピング無料】 SPIRALGIRL/レザーライクオーバーシャツジャケット

(月)時点の平均価格 都道府県別の平均ガソリン価格をみる 全国のガソリン平均価格推移 油種、期間を変更してもっとみる 都道府県別 ガソリンスタンド情報 北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 RAGLAN SLEEVE CREWNECK SWEAT › FO29-62-YQTegレザーライクオーバーシャツジャケット(ライダースジャケット) 通販

(月)時点の平均価格 都道府県別の平均ガソリン価格をみる 全国のガソリン平均価格推移 油種、期間を変更してもっとみる 都道府県別 ガソリンスタンド情報 北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 RAGLAN SLEEVE CREWNECK SWEAT

初めてできた年上の友達は、14歳年上の女の人だった。

 

 

 

 

 

その日は珍しく先客がいた。

 

 

ずいぶん近づいているのに、2人は私に全く気づいている様子などなかった。今日は退散するかと体の向きを変えようとした時、女性がこちらを見た。

 

「あら」

 

 

思わずたじろぐ私をじいと見るとその女の人は、細い体を少しずらしベンチの端に寄って言った。

「座る?ここ。」

 

できるなら立ち去りたい。でも、ここで踵を返して立ち去ったら、この人はきっと寂しい気持ちになるだろう。2秒ほど考えて、私はベンチへと向かった。

 

「失礼します。」自分でも驚くほど上ずった声が出て、思わず顔がかあっと熱くなったのがわかり、恥ずかしさを隠すように持っていた文庫本を開いた。

 

「読書?偉いね。」女性がしげしげと自分を見ている視線を思い切り感じる。えいと心を決め、ぱたんと本を閉じると、きっと彼女の方を向いた。

 

「あの、ここ、禁煙だと思いますけど。」

 

 

ほら見て、消したわよというように彼女はもう一度こちらを見ると、にこっと笑った。 

「外で吸うタバコって、格別に美味しいの。」

 

 

その日から、そのベンチに行くと彼女がいることが多くなった。初めはぎこちなく会釈をする日が続いたが徐々に私たちはおしゃべりをするようになった。

 

彼女の名前はチサコ。

 

 

 

そう、私はいつのまにかチサさんとケンちゃんに惹かれていたのだった。

 

いつしか私は、公園に本を持っていかなくなった。公園に行く頻度も増え、冷凍庫からくすねるアイスの数は3つになっていた。

 

そんなある日、何気なくチサさんが聞いた。「そういえば、家はどこなの?」私はすぐ裏のマンションだと言うと、チサさんの顔がぱあと明るくなった。

 

「あの、大理石の廊下のところ!」

 

 

「なんで知ってるの?」思わず驚く私に、チサさんはいたずらっ子そうに答えた。

 

 

 

 

 

今思えば、チサさんは大変な毎日を送っていたのだと思う。中学1年生だった私には、彼女の苦労は1ミリも理解できていなかった。

 

 

 

 

私は、チサさんに憧れの感情を抱いていたのだった。

 

 

 

 

それから1年が過ぎた頃だった。中学3年になった私は、もう公園に行くことはなくなっていた。

 

 

 

ああ、もう心配ないよ。父親は私の肩にぽんと手を置くと話し始めた。

空き巣がね、入りそうになったんだ。

 

 

話はこうだった。

 

 

 

 

 

静かに父親が私に説明をするのを母親は聞いていたが、話が終わるとポツリと彼女は言った。

「見たの。ドアスコープから。相手を。」

 

すうと息を吸い込むと、彼女はゆっくりと言った。

 「女の子だったのよ。茶髪で、赤いカーディガン着た。」

 

 

 

 

 

 

 

その事件がきっかけで、私たちは引っ越すことになった。

 

 

荷物をトラックに積み込み、車に乗り込む前に、ちょっとだけ待っててと私はマンションにかけこんだ。

 

 

黒い大理石の廊下に、私はごろんと横たわった。ひんやりとした石の感覚が、服を通して背中から伝わってきた。大の字に腕を広げ、天井を見上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車のクラクションが鳴る音がした。はやくーなにしてんのーと遠くで母親が呼ぶ声がした。はあい、と私は答え、ゆっくりと起き上がった。

誰もチサさんのことを覚えていなくたって、私が証人になるから。チサさんはこの街で必死に生きていたよ。

 

 

街で赤いカーディガンを着た女性を見ると、ふと目をとめてしまう。今も彼女がそれを着ているはずもないのに。

チサさん、どうか元気でいてください。

私だけは、私だけは、あなたのことを忘れないからね。

初めて水商売に足をふみいれたのは、19歳と10ヶ月の時だった。

 

地方の高校を卒業し、東京で一人暮らしを始めた私にとって、東京の夜の街はキラキラと輝いていた。

お金に苦労していたわけではない。この夜の街の一部になってみたい。それは一種のミーハー心だった。

 

 

「未成年ねえ。トラブルが起こると面倒だから、うちでは雇えないよ。」

 

背の高い、ぽっちゃりした普通のおじさんという風貌の店長は私の年齢を聞くと、眉を少しひそめそう言うと、ふうっと細長い煙を吐いた。

 

「でもまあ、こんな履歴書なんてご丁寧に面接に持ってきた子なんて初めてだし、真面目そうだから、いいか。」

 

 

「酒は飲まないでね。面倒だから。あと、」

 

灰皿に無造作に煙草を押し付けると彼は言った。

 

「最低でも半年はやってみな。面白いと思うよ。」

 

そうして私は無事「飲み屋のネエちゃん」になった。

 

店には20名ほどの女の子が所属しており、年齢は23~28歳ほど。彼女たちが普段何をしていて、どんな子たちだったのか、私はほとんど知らない。

 

そう、私は他の子とはほとんど仲良くならなかったのだ。

 

 

 

 

 

忘れられない客がいる。

 

 

タカさんという男性だった。

新人です、と紹介されると、タカさんはじっと私の目を見つめ聞いた。

 

「なんでこんなところで働こうと思ったの?」

 

返答に困った私はとっさに答えた。

 

「なんでこんなところで飲んでるんですか?」

 

タカさんは私の目から目をそらさなかった。そしてふふふ、と笑うと店長に言った。

 

「おかしな子を入れたもんだねえ。」

 

 

それが彼との出会いだった。

 

 

 

 

「俺は酒はこんくらいでいいんだよ。これ以上飲んでも、あとは一緒だからね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

店長から聞くところによると、タカさんはこの街ではまあま有名で、いろんな行きつけの店を持っているようだ。

「相当飲み歩いてるよ、あの人。1日にひとりで数軒ハシゴしてるんじゃないかな。一応常連だけどうちには全然金落としてくれないくせにねえ。」

やれやれ、というように店長はこぼした。

 

 

 

 

ある日タカさんが言った。

「なあユカちゃん。寂しさって、磁力なんだよ。」

 

なにを言っているかわからず、私は「というと?」と間の抜けた返事をした。

 

 

 

 

はたから見ると、みんな楽しそうに飲んでいるようにしか見えなかった。

 

「S極とN極じゃなくて、数値って、哲学的ですね。」

バカみたいな返答しかできない私に、タカさんがごめんごめん、と謝る。

 

「やだね、変なこと言って。俺も歳とったな。」

 

「んじゃ、タカさんと私は同じくらいの数値ってことでいいんですか?」

すかさず私が言うと、

 

「ばか、ぜんぜん違うよ」とカラカラと笑った。

 

 

そしてグラスの氷を指でゆっくりと回しながら言ったのだった。

 

 

 

「ユカちゃん、ここに染まるなよ。」

 

 

 

 

そうこうしているうちに半年が過ぎた。

 

 

 

梅雨の季節は、客足が遠のく。

その日はやけに暇で、窓から雨の街を見下ろしていた。上から眺めるこの街は、美しさと醜さが混じっている。

 

 

黒いキャンバスに、様々な絵の具が混じり合う。それは、欲望が交差していく光景に見えた。

 

 

タカさんが来ればいいのに。

 

 

 

 

タカさんはその日は姿を現さなかった。次の週も、その次の週も、彼は店に来なかった。

 

 

そして、私の最後の勤務日が訪れた。

 

最後の日に、店長と店を閉めた後に飲んだ。店長は最後まで、もっといてくれたらいいのに、と嬉しいことを言ってくれた。

 

8ヶ月。あっと言う間で、そう大して思い出もなかったです、と正直に私が言うと、店長はおいおい、と言いながらも嬉しそうだった。

 

タカさん来なくなっちゃいましたねえ。と私がぽつりというと、ああ、と店長が言った。

 

毎年この時期は来なくなるんだよ。娘さんいるって聞いた?

 

はい、なんか、私の2、3個上くらいの。

 

いや、それは死んだ歳だね。

 

 

 

 

 

彼女は典型的なキャバ嬢になった。家にはブランド物があふれ、夜な夜なホストクラブに通うようになっていた。

 

 

ある日、彼女はこの世からいなくなった。多額の借金を残して。

 

 

タカさんが全てを知ったのは、葬儀が全部終わった後だったという。彼の中の娘は、17歳で止まっていた。夜の道に進んだことさえ、知らなかったのだ。

 

 

それから彼は、彼女が働いていたこの街の近くに一人で引っ越してきた。そして、彼女が働き、そして死んでいったこの街で、飲み歩いているのだという。

 

 

彼女が命を絶った時期だけ、なぜかタカさんはこの街から姿を消してしまうそうだ。

 

 

 

 

「ドラマじゃないんだから。」

 

 

 

ま、今日でお前は辞めるけど。と最後に付け加えることを、彼は忘れなかった。

 

 

 

 

外に出ると、夜中の1時を超えていた。この街は、まだまだ騒がしい。

 

 

 

タカさんはなにを思って、飲み歩いているのだろうか。

 

 

どこかに彼女の姿を探しているのか。

彼女が生きた世界を知りたいのか。

彼女が死ぬ原因を作った街で、世界で、彼は一体なにを追い求めているのか。

 

 

 

 

あれから何年も経った。

あの時キラキラして見えた街は、もう私には輝かない。

 

 

六本木の交差点に立つと私は思う。

 

 

 

タカさん、磁力が同じ人に、出会えましたか。

 

 

 

女友達と「ドタイプな人が現れ、彼氏がいるか問われた時に、彼氏がいることを正直に言うか」という話になった。

 

聞くところによると、1人はタイプの前ではいないと嘘をつくらしく、もう1人はうまくいかなくて自然消滅状態、と答えるらしい。

 

私は誰に対しても正直に答えてしまう。

 

 

 

 

 

大学生の時、1年半ほどスナックでアルDIESEL デニムラインブルゾントをしていた。

 

ゆるい店で、営業活動などはしなくてよく、酒をつくってだらだら飲んでればいいだけの店であった。

 

今考えるとなんともいい店だった。

お客は8割がた常連で、お客はママとチーママと、年下の仲の良い飲み友達に会いに来ている、という感じ。

 

お触りも、色恋も一切なかった。

ママがしっかり目を光らせていたし、私たちはしっかり管理されていた。

 

連絡先の交換をしたら報告。店の前後の時間はいいがプライベートでは2人では会わない。店の前後でも、会う時は前もってママに報告すること。

 

誰もお客とどうこうしたい女の子はおらず(失礼だな)平和だった。

 

いわば、名物店長がいるバーのようなもので、店全体みんなで会話しながら飲むような店だった。お客さん同士でも仲良くなったりしていた。

 

店は連日、満席だった。店に入れないお客には、空いたら後がママで連絡するなど、大流行りだった。

 

入った当初、「彼氏いるの?」とお客さんに聞かれた私は、いつもと同じように、「います」と答えた。

 

その日、店が終わり片付けをしている時にママに言われた。

「あのね、彼氏はね、いるなんてバカ正直に答えちゃダメ。これからはいないですっていいなさい。みんな夢をみにきているんだから。」

 

 

 

女の子は10数人くらい所属しており、毎日3、4人が勤務していた。

女の子はみんな可愛かった。

年齢は20歳ひとり、私21歳、その他は25~27歳の子がほとんどであった。

私以外みんな昼間は仕事をしていた。

 

 

みんなだいたい彼氏がいた。終わった後の店の片付けや、店じまいの後に軽く飲みに行く時は、恋話に花が咲いた。

 

そりゃあそうだ。可愛くて、器量が良くて、気さくな子ばかりだった。

彼氏と同棲している子も、婚約している子もいた。

 

 

けれども、店では私たちは全員、長年彼氏がいなくて困っていた。

 

なんでみんな彼氏いないんだよ、こんな可愛くていい子たちばかりなのに!の声には、本当おかしいですよね、誰か紹介してくださいよ、と返すのであった。

 

もうアラサーなのに彼氏3年いないなんてやべえぞ生き遅れるぞ、といじられ、もう!ひどい!とむくれる子がいた。

 

3年付き合っている彼氏がいる子だった。

 

そんな会話が繰り広げられても、誰1人顔色を変えなかったし、むしろ一緒になっていじりあっていた。

 

店で唯一の大学生だった私にはさらにルールが課されていた。

 

 

私はもともと大学名も内定先も言うつもりはなかったのだが、このことをわざわざ言われ少し驚いた。

 

お客の層は、なかなかの優良企業の人が多かった。

「言わないですけど、そんなこと気にしますかね?」

「もしかしたらそのことで、引け目を感じる人が、いるかもしれないから。」

 

 

そこには、どうしても男友達が登場する。BBQ、海、旅行、学祭・・・

Aesopマラケッシュ 50ml インテンスパルファムな大学生活は、そこではマイナスでしかなかった。

 

 

私はどこの大学?と聞かれると、女子大です、と言った。来年からは中小企業で事務やります。それ以上を言及されることはなかった。

 

 女の子の職業は、バラバラだった。

 

幼稚園の先生、フラワーアレンジメントの講師、声優の卵、モデルの卵、スタイリストのアシスタント、等々。

何かになりたくて、仕事を両立させている子が、ほとんどだった。

 

 

  

ここは男の楽園だ、と感じた。

だれも、なにも、彼らの自尊心を傷つけるものはなかった。

 

みんな可愛くて底抜けに明るくて、優しくて、彼氏がいなくて、ちょっぴり馬鹿で、弱かった。

 

私はこの作られた空間を、全く滑稽だとは思わなかった。

ここはママがしっかりと年月をかけて作り上げた、楽園なのだ。

 

そこに咲く花は、丁寧に手入れされ、剪定され並んでいた。

 

そこでひとしきり遊んでも、だれひとりとしてトゲに傷つけられることも、蜜で服が汚れることも、きつい香りで、思わず顔をしかめることもないのだ。

 

全ての花は来た人を柔らかく優しく迎え入れた。

 

 

ただの小さなスナックだ。

一見すると、本当に適当な店だった。そしてゆるさを売りにしていた。

しかしゆるさの裏には、しっかりとしたフィロソフィーが、築かれていたのだ。

 

 

 

 

 

 

一番古株の女の子がいた。あきちゃん(仮名)だ。

あきちゃんはママが店をオープンした時からの唯一の女の子だった。

入った時は19歳の時だったそうだ。

そして、私が働いていた当時は、26歳になっていた。

 

あきちゃんは一番の人気者だった。

すこしふっくらしていて、おっとりした喋り方でみんなを癒していた。

昼間は幼稚園の先生をしていた。

 

みんなあきちゃんが大好きだった。毎日あきちゃんに会いに来る人もいた。

あきちゃんの誕生月は、お祭り騒ぎだった。

 

店が終わってからもお客は帰らず、あきちゃんと別の店で飲み直したがった。

 

 

あきちゃんは控えめだった。面白いことを言って店を盛り上げるわけでもないが、ゆっくり、でも飽きさせずにいつも楽しそうにおしゃべりをしていた。

 

 

先輩ヅラすることは決してなく、それでいてなれなれしくもなく、心地いい関係だった。つまりはあきちゃんは人との距離のとりかたがうまかったのだ。

 

 

あきちゃんが女の子達と個人的に飲みに行くことは1回もなかった。

 

 

 

 

 

事件は突然起こった。

 

あきちゃんの田舎のお母さんが倒れ、看病するために東北の田舎に帰らなければならなくなったこと、1週間後にあきちゃんは辞めることがママから伝えられた。

 

私たちはみな心配し、あきちゃんが去ることを大いに悲しんだ。

 

今まで足が遠のいていたお客も、過去に働いていた女の子にもその連絡は行き、みなが店に詰めかけた。

 

 みんながあきちゃんの思い出話をした。みんなでたくさん写真を撮った。

 

あきちゃんは、最後にちょっぴり泣いた。

その1週間、店の売り上げは過去最高記録を達成した。

そうしてあきちゃんはいなくなった。

 

 

 

 

 

その半年後、ママからあきちゃんが地元で結婚したことを伝えられた。

母親の看病をしながら地元で働いていた時に出会った人と、電撃結婚だそうだ。

 

 

もしかして、と私は思った。いや、女の子みんなが思った。

 

 

その場にいた古くからのお客が言った。 

「さすがはあきちゃんだよ。あんな可愛い子、田舎では目立つだろうしね。地元でも評判だろうに。」

 

誰も何も答えなかった。

 

 

 

その後私は無事大学を卒業し、店を去った。

店の女の子とそれから会うことはなかった。

 

 

 

 

 

あきちゃんは横浜に住んでいた。

そして、2児のママだった。

 

 

 

シナリオはこうだろう。

妊娠が発覚し、そのタイミングで結婚をすることとなり、店を辞めることにした。

一番、綺麗な言い訳を考えたんだと思う。

そして誰にも、本当のことを告げず彼女は去った。

 

 

東北のご実家に戻っていたかは不明だし、そもそも実家が東北かどうかも怪しい。

今まで誰一人として、あきちゃんから彼氏の話を聞いた女の子はいなかった。

 

 

 

 

ああ、完璧だと思った。

裏切られた気分にはならなかった。

あきちゃんは女神の役を完成させたのだと思った。

あきちゃんは、あきちゃんなりの完璧な女性像を、お客とそして私たちに植え付けたことで、完成された。

 

  

 

最後まで自分の女神の役割をきっちりと演じきって彼女は舞台から去った。

そして、彼女と仲良くしていたお客の心の中では、ずっと女神はその美しい姿を変えず、生き続けるのだ。

 

 

今となっては、幼稚園の先生をしていたことすら、本当かわからない。

だれも、彼女の本当の姿を知らなかった。

だれも、彼女の本音を、苦しみを、悩みさえも、知らなかった。

7年もあの店にいたのに!

彼女はあそこで、違う自分を生きていた。

自分の「本当の」生活を守るため?「本当の」仕事や恋人や、友人のため?

 もう、確かめる術もない。

 

 

 

 

 

去年、惜しまれながら店は閉店した。

ママからは丁寧にラインが来た。私は、辞めてから一度も顔を出さなかったことを詫びた。

 

 

私の中では、あの楽園も、女神も、ずっと変わらずにあそこにある。

 

 

 

これから先も、私は誰の前でも、彼氏の有無を馬鹿正直に答え続けるだろう。

その度に、あの楽園を思い出して、きゅっと胸がしめつけられるのだ。

 

ジャケット レザーライクオーバーシャツジャケット(ライダースジャケット) アウター |SPIRALGIRL(スパイラル

(スパイラルガール)のライダースジャケット「レザーライクオーバーシャツジャケット」(62231715)を購入できます。 読者になる

How to Look Expensive #1 | Styling Tips

How NOT to Look Like A Tourist While Traveling To Europe This Summer

The Closet *Essentials* That EVERY Woman Should Own Over 40 (Tops, Jackets, Shoes, and MORE!)